LINEオフィシャルアカウントで情報配信中→

低品質・不自然な被リンクは評価を下げる!?被リンク状況を調べるツールもご紹介!

低品質なリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

過去の記事で、被リンクについての正しい知識をご紹介しました。

被リンクとは?
被リンクとは?被リンクを増やす方法と被リンクに対する正しい知識を理解

その時は、被リンクについての意味やメリットをふまえて、活用方法もご紹介しました。
今回はその記事とは逆に、「低品質・不自然なサイト」からリンクをされている場合、
どんなデメリットや調べる方法や対処法があるかをご紹介しようと思います。

“Googleが目指す未来とは”
→「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」

【目次】
1.低品質・不自然な被リンクとは?
2.低品質・不自然な被リンクがもたらすデメリット
3.低品質・不自然な被リンクが設置されてないか調べる方法
4.低品質・不自然な被リンクへの対処法は?
5.まとめ

1.低品質・不自然な被リンクとは?

以前の下記の記事でお伝えしましたが、

ペンギンアップデートとは?サイト運営者がしてはならない7つ


Googleは「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」の中に「リンクプログラムへの参加」への事が記述されており、こう書かれています。

一般的に、サイトの優劣を決める際には、他のサイトからどれだけリンクが貼られているかを参照します。
そのため、自身のサイトに、別のサイトから多数のリンクが貼られているのが望ましいとされていますが、ペンギンアップデートでは、このリンクを不正に稼いでいる場合に、それを検知し、検索順位を下げるようにしています。
これによって、自作自演の被リンクを大量に貼ることは、SEO対策としては実施してはいけないということになりました。
ブラックハットSEOでは、多くの検索エンジンやディレクトリサイト、ブックマークサイトに自分で登録することで被リンクを増やすといった手段が講じられてきましたが、ペンギンアップデートによって、この手段を講じると、逆に検索順位が低下することとなっています。

この事より、低品質・不自然なリンクは検索順位が下がる場合があります。
ケースとしては下記のような事です。

    低品質・不自然なリンクの例

  • 相互に張られたリンク(相互リンク)
  • 昔にSEO業者に頼んだリンク(リンク切れも含む)
  • 無料ブログなどからのリンク
  • 1サイトからの大量リンク(フッターリンク)
  • 自作自演のリンク etc…

昔よくあったやつですよね!?今もたまに見受けられますが、、、、

以前はサイトや記事の方向性に関係ないサイトからのアクセス流入を集め、外部SEOといわれる対策で悪質なSEO業者が低品質なリンクを販売していましたが、「ペンギンアップデート」や昨今のGoogleのアルゴリズムのアップデートで、急激に下がる可能性があります。
※もしSEO等を外部委託していたり、急激に検索順位が下がったなどの場合は該当する可能性があります。

2.低品質・不自然な被リンクがもたらすデメリット

先ほども言ったように、
目的の情報を探しているユーザーが、関係のなさそうなサイトに遷移される。

そんなサイトがインターネット検索上位に入り、世の中に蔓延していったら、リンクを張った方が勝ち。って不便な世の中になってしましますよね!?
それはGoogleが許さないので、徹底的に対応しているんだと思います。

3.低品質・不自然な被リンクが設置されてないか調べる方法

では、「自分のサイトの状況はどうなんだろう?」とお考えのはず。
ツールを使って、外部のどこから被リンクが設置されているか簡単に調べることが可能です。

このようなツールから調べたら簡単です!

被リンクチェックツール – SEOTOOLS(SEOツールズ)

URLを入力するだけで簡易的にチェックでき、アルファベットで判定してくれるツールです。
リンク先:SEOTOOLS

被リンクチェックツール – hanasakigani

URLを入力するだけで、今リンクされているサイトがわかるとても便利なサイトです。
よく利用します。
・競合サイト被リンクチェッック
・競合サイト被リンク危険度チェック
などもサービスであるようです。
リンク先:hanasakigani

4.低品質・不自然な被リンクへの対処法は?

もし、ご自身のお手持ちのホームページにてリンクを設置している場合なら、自分でどうにか削除できるかと思いますが、
低品質と思われているサイトからリンクをされている場合はどうする方法があるのか?
外部からのサイトにリンクをされていると、担当者と連絡が取れないなどがあり、リンクを削除する事ができない場合もあると思います。

しかし、Googleが提供する「リンク否認ツール」を利用し、取り除く事が可能です。
https://www.google.com/webmasters/tools/disavow-links-main

ここでご紹介したいのはやまやまですが、長くなってしまったので、
リンク否認ツールの使い方や手順については次回の記事にてしっかりまとめます。
と、Googleサービスにもリンク状況確認方法もあったのでそちらもまとめます。

5.まとめ

さて今回は低品質なリンクや不自然なリンクがどんな事をもたらすデメリットに繋がるか?
どう発見するかをまとめてみました。
WEB集客には定期的なメンテナンスを含め、細目な対応が必要ってことがわかったかと思います。
ありがとうございました。